店舗営業時間

Open:15:00
Close:20:00
定休日:水曜日

>> Access Map

mobile site
店主のコーナー

ヤマベケイジの
たまには日記
店主BLOGはこちら

渡邉浩一郎 / まとめてアバヨを云わせてもらうぜ

型番 LA-14762
販売価格 2,750円(税込)
在庫数 Sold Out!!!

わずかの音源でしか確認できていないが、それでも数多くの謎ユニットで、メジャーもアンダーグラウンドも流行も懐古もヒョヒョイと飛び越えた独特の人なつっこいバラエティー感?でオモシロ音楽好きを魅了して止まない、渡邉浩一郎「まとめてアバヨを云わせてもらうぜ」をガマンできなくなったのでここにUP!!! 言っとくけど、ロスアプソン・クラシック最重要アイテムだからね。













渡邉浩一郎追悼CD『まとめてアバヨを云わせてもらうぜ』
音楽に限らずあらゆる才能に溢れていたが、興味の赴くままに生き、もうつまんないやと死んでいった渡邉浩一郎、享年31歳。本作は、彼が遺した膨大なレコード、テープなどのコレクションを友人の有志が整理し、“まとめてアバヨ”と1991年にCDとして発表したもの。ソロ演奏のほか、「東京スーサイド」、「まだ」、「ウルトラビデ」、「マヘル・シャラル・ハシュ・バズ」などのバンド、「午後の網目」、「私たちの演奏」などのユニット、その他セッション等の音源から編集された。参加者は、大里俊晴、風巻隆、工藤冬里小堺文雄、小山景子、小山哲人、JOJO廣重高橋幾郎高山“イディオット”謙一、谷口守、ビデ、藤本“ゲソ”和男、堀田吉範、美川俊治、ヤタスミ等々。発売から20余年、新装再発するものである。
(SUPER FUJI DISCS)

渡邉浩一郎
1959年東京生まれ。1976年京都に単身転居、高校入学当初は8ミリ映画やスライド作りなど映像に興味を持つが、次第にジャーマン・ロックや現代音楽など実験的な音楽に傾倒していく。中学時代から始めたヴァイオリンや子供の頃から好きだった機械いじりが高じて自作したシンセサイザーで、1978年頃から即興演奏や自宅録音を始め、また、「まだ」、「(オリジナル)ウルトラビデ」などのバンドに加わる。1982年東京に戻って以後は、エレクトロニクスに加えドラムスやユーフォニウムも演奏、多くのセッションやバンドに参加した。工藤冬里率いる「マヘル・シャラル・ハシュ・バズ」は、その初期から参加し、最期に在籍したバンドでもある。1990年8月他界。

1. 無題(東京スーサイド)
2. セッション4
3. イディオット・バスタード・サン
4. 五列節
5. ミス・ニッポン(まだ)
6. 地下鉄新宿三丁目駅付近通路
7. やんやややん(まだ)
8. 霧のカレリア(まだ)
9. 想い出の渚(まだ)
10. メリーゴーラウンド
11. 若いこだま(ウルトラ・ビデ)
12. まとめてあばよを言わせてもらうぜ
13. セッション・アット・マイナー
14. レッド・アーミー(東京スーサイド)
15. 再びのバビロン
16. やんやややん(まだ)
17. アトランティス(カラオケ・バージョン)(まだ)
18. パジュワさん(まだ Featuring アーガー・パジュワ)
19. プログレホイホイ(涙のラーメン・カルテット(高円寺支部))
20. 真白き富士の嶺
21. ミスター・モト(東京まだ)
22. ソドムの市(まだ)
23. ソドムの市
24. 「ミュージック・フォー・マテリアル」〜午後の網目
25. 「意地と喧嘩にゃ負けないが恋と情けにゃめっぽう弱い鉄砲マドロス小意気な「まだ」のあくまでもささやかそうに見えるかもしれないトートロジカル・ライブ・パフォーマンスさ」より
26. あゝ人生に涙あり(前半スコタ、後半いろいろ)
27. レッツ・ゴー役立たず(私たちの演奏)
28. ○コの黒犬(マヘル・シャラル・ハシュ・バズ)
29. ニルリリヤ(涙のラーメン・カルテット(高円寺支部))
30. やんなっちゃった節

Format:CD
Label:SUPER FUJI DISCS / DIW PRODUCTS GROUP (JP)

この商品を買った人はこんな商品も買ってます


 ▼View Cart

カートを見る

送料サービスの
お知らせ
オンラインショップで税込13,200円以上お買い上げの方には送料をサービス致します!
税込16,500円以上お買い上げで代金引き換え決済の方には、代引き手数料もサービスしちゃいます! 奮ってオーダー下さいませ!!!!!!!!!!!!!!!


 ▼New / Re-stock

 ▼Used / Rare