店舗営業時間

Open:15:00
Close:20:00
定休日:水曜日

>> Access Map

mobile site
店主のコーナー

ヤマベケイジの
たまには日記
店主BLOGはこちら

音人 ONZINE vol.1 (絶版) [USED]

型番 LA-15278
販売価格 1,527円(税込)
在庫数 Sold Out!!!

大阪出身の電子音響作家でレーベル〈NEUS-318〉〈C.U.E. records〉を主宰する石上和也が2012年に発行した実験音楽誌「音人」の第1号。全150ページ中、約3分の1を占めるLAFMSについての記事、元Pale Saintsのイアン・マスターズや古舘徹夫へのインタビュー、アクースマティック・アートについての特集記事を中心に、幅広い執筆陣による記事を掲載。

■特集:Acousmatic Art
アクースマティック・アート/檜垣智也
『sound project Full Space』への考察 あるいは、私の創作にまつわるお話/かつふじたまこ
アクースマティック・アート NOW/TRWORKS
大阪芸術大学での「アクースモニウム」上演について AcousmaniaとAudio Art Circus/大塚勇樹
SNOWSCAPE MOERE/chiharu mk
神秘の国/吉原太郎
「パリつれづれ」/渡辺愛
全興寺でのコンサートなど/石上和也

LAFMS Los Angeles Free Music Society
最低形態の音楽を求めて/坂口卓也

■インタビュー
Ian Masters/石上和也
古舘徹夫/石上和也

演劇と音楽の幸福/古舘徹夫
音-像・光-景を聴く。/宮木朝子
わたしの「ミン」楽器/RAKASU PROJECT.
答えのない問い パララックス・レコード紹介/毛利桂
「グラモフォン・フィルム・タイプライター」におけるメディア論の可能性について/菊池行記
90年代以降の名古屋の実験音楽の流れについて/菊池行記
01 苔の森、屋久島へ 02 ジェネレイティヴ・ミュージック ガジェット楽器/岡崎豊廣
レトロテクノロジからパーソナルテクノロジストラテージを考える/平尾義之
ジョン・ケージはテクノロジーとどのように向き合ったか/宇佐美理
苦悶から解放する為の音楽と破壊・或は濁水渓公社に関する社会的考察/インファン・サルマナザール
音楽的な、あまりにも音楽的な/大庭恭平
「以下、誰か詳しく調べてくれるととてもうれしいです」/宮崎哲也
「演劇の気配、気配の演劇」/サカイヒロト
“暴力装置”へのファンタジー /ELMA
動くワーカー(カラダアーチストー自ら何も生産しない人)のすみさん(sumish)の先の見えない講義/角正之
DiscReview2010Feb/甲斐徹
OMEGA POINT presents:日本の電子音楽シリーズにまつわるウラ話/酒井助六

photo:はたさちお
編集・デザイン・レイアウト:石上和也
表紙・キャラクターデザイン:坂口卓也

※USED品。状態良好。

Format:MAGAZINE
Label:NEUS-318 (JP)


 ▼View Cart

カートを見る

送料サービスの
お知らせ
オンラインショップで税込13,200円以上お買い上げの方には送料をサービス致します!
税込16,500円以上お買い上げで代金引き換え決済の方には、代引き手数料もサービスしちゃいます! 奮ってオーダー下さいませ!!!!!!!!!!!!!!!


 ▼New / Re-stock

 ▼Used / Rare