店舗営業時間

Open:15:00
Close:20:00
定休日:水曜日

>> Access Map

mobile site
店主のコーナー

ヤマベケイジの
たまには日記
店主BLOGはこちら

Richard Hayman / Richard Hayman

型番 LA-17610
販売価格 2,200円(税込)
購入数

これを聴いて「2017年にLOS APSON?がビビビっ!ときた作品の年間50選チャート!!!!!!!!!!!!!!!!!」の一位に、このレーベルごと選出したのは間違いではなかったことを再確信しました。何か空虚な心が満たされるような、豊穣な音波を発しているのは間違いない。それはこのスペイン/バルセロナ発のレーベル、Vintage Musicによるマスタリング・センスによる所もポイント。いくら盤起こしであろうと、現代的リスニング・センスがなければ、やはりここまでしっくりと響かないハズ。そりゃー、オリジナルアナログ盤を必死に探し回って聴くのもけっこーですが、そのうちCD-Rが劣化しようと、瞬間NOWな刹那一期一会感で音道メモリアルしていくのも、今時LIKEなライフ・サーフかと思います。このお膳立てにノるかソるかはあなた次第っ!? この笑顔おじさんジャケをたまに見つめながら、ぜひともお試しあれ〜〜〜。

ということで、アメリカのアレンジャー/作曲家/ハーモニカ奏者/指揮者/音楽ディレクターで、ボストン・ポップス・オーケストラで30年以上チーフ・アレンジャーを務めたリチャード・ヘイマンの1956年発表のアルバムなのですが、心躍る音技が繰り広げられる名作ですね! 全編ウキウキなのですが、オーケストラ演奏メガミックスな「In A Persian Market」に驚き、マラカスが眼前で振られる「Brazil」に腰も動き、トロトロのスティールギター&ストリングスの掛け合いも見事な「Blue Hawaii」で夢見心地の境地に。。。





ヘレン・メリルのアルバム『ヘレン・メリル・ウィズ・ストリングス』などを手掛けている米国のアレンジャー/指揮者で、ハーモニカ奏者のリチャード・ヘイマンの1956年のアルバム『カム・ウィズ・ミー・トゥ・ファー・アウェイ・プレーセス!』を、曲順はシャッフルされていますが、全曲収録したリイシューCD-Rです。
ヘイマン指揮のオーケストラと、リリカルなヘイマン奏でるハーモニカの演奏で、原題が示唆するように、アーヴィング・ミルズ作のルンバやヨハン・シュトラウスのワルツ、ユベール・ジロー作の名曲シャンソン「パリの空の下」、アリ・バホーゾの「ブラジル」、プレスリーらで知られる「ブルー・ハワイ」、カンツォーネ・ナポレターナのお馴染み「サンタ・ルチア」など、異国情緒を感じさせる内容となっています。
(ディストリビューター・インフォメーションより)

1. Sidewalks Of Cuba
2. A Little Bit Of Heaven
3. I'm In Love With Vienna
4. In A Little Spanish Town
5. In A Persian Market
6. Under Paris Skies
7. The White Cliffs Of Dover
8. Brazil
9. Blue Hawaii
10. In A Chinese Temple Garden
11. Madagascar
12. Santa Lucia

Format:CD-R
Label:Vintage Music (ESP)

この商品を買った人はこんな商品も買ってます


 ▼View Cart

カートを見る

送料サービスの
お知らせ
オンラインショップで税込12,960円以上お買い上げの方には送料をサービス致します!
税込16,200円以上お買い上げで代金引き換え決済の方には、代引き手数料もサービスしちゃいます! 奮ってオーダー下さいませ!!!!!!!!!!!!!!!


 ▼New / Re-stock

 ▼Used / Rare