店舗営業時間

Open:15:00
Close:20:00
定休日:水曜日

>> Access Map

mobile site
店主のコーナー

ヤマベケイジの
たまには日記
店主BLOGはこちら

V.A. / EL CAMINO DE LEDA - A TRIBUTE TO LEDA VALLADARES (2LP盤)

型番 LA-19207
販売価格 3,780円(税込)
購入数

アルゼンチン・フォルクローレを発掘し紹介してきた人物で、シンガー&コンポーザーでもあった民俗音楽研究家レダ・バジャダーレス。その貢献を湛えるべくリリースされた彼女へのトリビュート・アナログ盤2枚組コンピレーション!!! ZZK周辺のモダン・フォルクローレ・アーティストを多数収録! 日本全国からアジア圏内を飛び回りDJプレイをし、南米のスローハウス/ワールドビート系を召還し、新たなハイブリッド・サウンドを紹介しているShhhhhによる配給アイテム!







“エレクトリック・フォルクローレ”の最新レポート。

アルゼンチンのfertil discosというレーベルがあります。
チャンチャ(ビア・シルキート)、ニコラ・クルス以降を感じさせるプロダクションと、ブエノス郊外でislaという小さなエレクトリック・フォルクローレのフェスティバルを展開している、サン・イグナシオ。そして、ZZK Recordsからもアルバムを出している、El Remolonらによるレーベルです。

この度、彼らがアルゼンチンの伝説的フォルクローレ蒐集家、レダ・バジャダーレスのトリビュートアルバムを発表しました。

シーンのパイオニアであるチャンチャやキングコヤの新曲。ZZKからも作品を出してたトレモールとフォルクローレ歌手ソエマ・モンテネグロのデュオ、次世代でも飛び抜けている女性トラックメイカー、バルダ。レーベル創始者イグナシオ、ジン・ジェレイ、個人的にも期待なウジといった次世代のエレクトリック・フォルクローレのメンバーが勢ぞろいです。参加メンバーはおそらく全員アルゼンチン人。

Voodoohopのような、奇々怪界南米欧州サイケデリックのスロー・ハウス/テクノ風味よりは、”エレクトリック・フォルクローレ”というジャンル名がどうやら確立されたブエノスアイレスからの最新のリポート。

参考記事(英文)
https://daily.bandcamp.com/…/01/09/electronic-folklore-list/

レダ・バジャダーレスが蒐集していた名もなき人々の土着の歌。フォルクローレのミスティックで霊的な音像をそのままに、2019年のいま、この音をダンスミュージック風にアップデートして提示する彼らのメッセージを感じてください。

昨年Spiral Recordsから発表された、シルビア・イリオンドのレダ・バジャダーレスのトリビュート作と聴き比べてもいいかもです。

余談ですが、今作は昨年ミナス・ジェライスの奥地で執り行われたVoodoohopで宿が同室で仲良くなった、サン・イグナシオからのお願いでディストリビュートを担当してます。部屋割りしたトーマッシュの勘というかなんというか、、、自分が平日所属する会社で諦めかけたアルゼンチン音楽作品の紹介(レダ・バジャダーレスのCDも輸入してましたよ。)をこういう形でまたできるとは嬉しいです。
(Shhhhh)

Six years after Leda Valladares' death, and almost two years after publishing our project, Fertil Discos (Argentina) and Folcore (Barcelona) present our coming album El Camino de Leda, revisiting the music she recorded and saved from being lost forever. 12 songs, recorded by electronic producers and guest singers, will bring her work and legacy back into life.

Using electronic music in order to revisit these songs means much more than just adding a base to the vocals: it means to use new technologies to create textures and sounds (many times impossible to be created with instruments) that conform a new type of space to host the vocals, and also to use rythms and beats which not only bring us the ancestral music back, but also link it to our daily experience in the modern cities.

The oriental flutes of Chancha Via Circuito, the afro percussions that Tremor used in their track, El Remolon's psychedelic atmospheres, Shaman Herrera's vocal works, the rough and deconstructed
textures of San Ignacio and Lauphan's song, Pol Nada's industrial beat -are just a few examples of this project's investigation and reinterpretation, which aims not only to reproduce the formal characteristics of the canto con caja, but also to find the emotions and the deepness involved in it. Some Montenegro, Barbara Silva, King Coya, Sofia Viola, Jin Yerei, Dat Garcia, Jazmin Ezquivel, Barda, Celeste, Uji and Charo Bogarin are the rest of the artists involved in this project, to be published digitally, and available in vinyl from March, 2019.
(fertil discos)

Side A
1. El Remolon & Barbara Silva / Si Quieres que te Quiera (Baguala de Salta)
2. Chancha & Shaman Herrero / Yo He Sido
3. Tremor & Soema Montenegro / Cuando Oigo Sonar La Caja

Side B
1. King Coya & Sofia Viola / Sobre Las Flores
2. Jin Yerei & Dat Garcia / Ay Naranjal
3. Pol Nada / Ay Pajarillo

Side C
1. San Ignacio & Lauphan / En Otro Poder
2. Uji & La Charo / Sin Darle Motivo
3. Pol Nada & Jazmin Esquivel / Baguala de Tucumán

Side D
1. Barda & Celeste Gomez Machado / Las Hojas Tienen Mudanza
2. El Remolon & Barbara Silva / Adios Pueblito de Iruya
3. Tremor & Soema Montenegro / Canto de Velorio

Format:2LP
Label:fertil discos (ARG)


 ▼View Cart

カートを見る

送料サービスの
お知らせ
オンラインショップで税込12,960円以上お買い上げの方には送料をサービス致します!
税込16,200円以上お買い上げで代金引き換え決済の方には、代引き手数料もサービスしちゃいます! 奮ってオーダー下さいませ!!!!!!!!!!!!!!!


 ▼New / Re-stock

 ▼Used / Rare