店舗営業時間

Open:15:00
Close:20:00
定休日:水曜日

>> Access Map

mobile site
店主のコーナー

ヤマベケイジの
たまには日記
店主BLOGはこちら

care of the cow / dogs' ears are stupid (国内盤仕様CD)

型番 LA-19289
販売価格 2,750円(税込)
購入数



70年代の半ばから80年代にかけてシカゴの地下シーンで暗躍していた、Christine Baczewska、Sher DoruffとVictor Sandersという3人のミュージシャンからなる3ピース・バンド「ケア・オヴ・ザ・カウ」のカセット・オンリーだったレアな83年作『Dogs' Ears Are Stupid』の初再発企画。

ビートルズ、ロバート・フリップブライアン・イーノ、ジョニ・ミッチェル、カーラ・ブレイ、ポーリン・オリヴェロスからエリック・ドルフィーまで、ジャンルをまたぎ多種多様なサウンドにインスピレーションを得ながら曲作りをしていたというケア・オヴ・ザ・カウは、75年と81年に自主制作でレコードをリリースした後、本作を83年にカセットのみで発売。

いかにもアーリー・エイティーズ、といった風情のドラムマシンやシンセのチープな出音がスパイス的にきいた、ポストパンクでサイケでアシッドでフォークでニューエイジな、カテゴライズ不能なハイブリッド・サウンドがさく裂したナイスなアルバム。

クラウトロック企画『Cologne Curiosities』やオーストラリアの伝説的ポストパンク・バンド、ヴォイト/465のリイシューで浮上したエクスペリメンタル系再発の新興レーベル「メンタル・エクスペリエンス」より。

『Chicago Reader』紙のコラム「Secret History of Chicago Music」、ソロ・プロジェクト「プラスティック・クライムウェイヴ」、ドラッグ・シティ傘下の再発レーベル「ギャラクティック・ズー」などなど、多岐にわたる活動で知られるシカゴのオルタナ界隈の名士スティーヴ・クラクフによるアーティスト・インタビューも必見(日本語対訳付き)。

1. Chinese Food Part I
2. Cemetery
3. Like Me
4. Chinese Food Part II
5. Oceans In My Ears
6. Dogs' Ears Are Stupid
7. Australia / The Sleepwalker Bites Herself In French
8. European Trains
9. No Beethoven
10. Dancing Partners (bonus track)

Format:CD
Label:Mental Experience (ESP) / ritmo calentito (JP)

この商品を買った人はこんな商品も買ってます


 ▼View Cart

カートを見る

送料サービスの
お知らせ
オンラインショップで税込13,200円以上お買い上げの方には送料をサービス致します!
税込16,500円以上お買い上げで代金引き換え決済の方には、代引き手数料もサービスしちゃいます! 奮ってオーダー下さいませ!!!!!!!!!!!!!!!


 ▼New / Re-stock

 ▼Used / Rare