店舗営業時間

Open:15:00
Close:20:00
定休日:水曜日

>> Access Map

mobile site
店主のコーナー

ヤマベケイジの
たまには日記
店主BLOGはこちら

Axel Dorner / unversicht

型番 LA-19968
販売価格 2,200円(税込)
購入数



『トランペットによる《音楽の深零度》……』
佐藤薫(EP-4)監修による新レーベル「φonon(フォノン)」発動第四弾。ヨーロッパや日本をはじめ世界を駆け巡り多彩な演奏活動を続けるドイツ出身のトランペット奏者“アクセル・ドナー”のソロ・アルバム。彼の参加したあまたのセッション作品とは異なり、トランペット音とエレクトロニクスを加工編集した実験的な音像作品。

新レーベル「φonon(フォノン)」は、EP-4の佐藤薫が80年代に立ち上げたインディー・レーベル《SKATING PEARS》のサブレーベルとして2018年2月に始動。SKATING PEARSは当初カセットテープ・メディアを中心に多彩な作品をリリースしてきたが、φononは佐藤薫のディレクションによって主にエレクトリック/ノイズ系の作品を中心にリリースする尖鋭的なレーベル。

2018年を締めくくる第四弾にラインナップされたCDの1枚は、日本でも大友良英など多くのアーティストとのコラボレーションで知られるドイツ出身の即興トランペット奏者アクセル・ドナー渾身のソロ・アルバム。ジャズやクラシック、フリーインプロヴィゼーション等、ノンジャンルなセッション活動を旨とする彼がその一方で、電子的に拡張/メタモルフォーゼさせたトランペット音による実験を独り重ねてきた成果がこのアルバム「unversicht/ウンフェルジヒト」だ。

タイトルの「unversicht」とはドナーによる造語でドイツ語に存在しない単語だが、ドイツ語的には、不可視/予期しない/透明/不確実/無保証/肝要──など、様々な意味の交わりを想起させる言葉の遊びであると同時に全く無意味な単語でもあるという。加工され拡張し変形され編集することで生まれる多様な音像が、そのタイトルどおりに音韻的変化を想起させ、類い稀なるソロ・アンサンブルを構成している。
(φonon)

『これは、ポストデジタル時代の「音楽」戦略ガイドである』
佐々木敦

アクセル・ドナー
トランペット、エレクトロニクス、作曲。1964年、ドイツ、ケルン生まれ。ピアノとトランペットを専門的に学び、'94年よりベルリン在住。異形のトランペット技術とコンポジションの研究を続けながら世界を駆け巡る即興プレイヤー。日本でも大友良英など多くのアーティストとのコラボレーションで知られる。これまでに参加したレコード/CD作品は約80枚に及ぶ。同時に、トランペットによる新言語の開発や音響量子の発生/構築に取り組み、その“ヴォイス”を電子的に拡張するインターフェースを通したソロ活動も続けている。

1. 1
2. 2
3. 3
4. 4

ライナーノーツ:佐々木敦
ジャケットデザイン:内山園壬

Format:CD
Label:φonon (JP)

この商品を買った人はこんな商品も買ってます


 ▼View Cart

カートを見る

送料サービスの
お知らせ
オンラインショップで税込13,200円以上お買い上げの方には送料をサービス致します!
税込16,500円以上お買い上げで代金引き換え決済の方には、代引き手数料もサービスしちゃいます! 奮ってオーダー下さいませ!!!!!!!!!!!!!!!


 ▼New / Re-stock

 ▼Used / Rare