店舗営業時間

Open:15:00
Close:20:00
定休日:水曜日

>> Access Map

mobile site
店主のコーナー

ヤマベケイジの
たまには日記
店主BLOGはこちら

初音家賢次 / 旅立て俊徳丸

型番 LA-4928
販売価格 1,018円(税込)
在庫数 Sold Out!!!

これぞ日本発のワールド・ミュージック!!! そして、今年もやってきました!河内音頭の季節!しかも今年もビックリ玉が登場!!! 前作のスティーヴン・スタンレー氏の河内音頭ダブ!「踊れ大阪総おどり 気持ちヨホホイホイ」にもたまげましたが、今作では昭和30年代に初音家びいきのオーディオ愛好家が業務用のテープレコーダーで録っていた貴重な!貴重な!音源に、アフロやラテンの流れにもなじむチャカポコな現代河内音頭のバッキングが付き激サイコーーーです!!! しかも9分強もたっぷり聴けてうれPーーーっす!!! 他、エディット(5分弱)/ド渋の原録音エディット(8分強)/今作でもやっちゃいました!「過熱系宮裸舞仕様」ダブ・バージョン(5分強)/「冷や醒まし惰撫」(4分弱)と、ボリューム感もナイス!!! 今年もコレかけまくるどぉーーー!!!(by 店主)しかし歌詞内容エグいね。



一、旅立て俊徳丸
二、 〃 ラヂオ用短尺模乃音
三、 〃 原録音
四、 〃 過熱系宮裸舞仕様
五、 〃 冷や醒まし惰撫

演奏 全関東河内音頭リズム隊(一軍)
囃子 全関東河内音頭ハヤシ隊
監修 宗家初音家四代目会主 初音家秀若
企画制作 鷲巣功

首都圏河内音頭推進協議会 イヤコラセ東京

〈原録音について〉
 平成10年7月24日、大阪市平野区平野東二丁目の通称「松山公園」内に、初音家の功績を記した顕彰碑が建立された。それと前後して制作されたCD『甦る!伝説の名調子』(非売品。三交社刊)に、本作品で使用した初音家賢次「俊徳丸」の原録音は収められている。「昭和34年か5年、大阪府八尾市恩智の、櫓ではなく座敷での録音」としか周辺事実は分からない。初音家びいきのオーディオ愛好家が、私物の業務用テープレコーダーで録ったものだろうという話だ。録音はかなり良い状態で保存されており、後半かすかに三味線らしき音が聞こえるが、殆ど太鼓と囃子だけの伴奏で30分以上も続く。太三郎が形づくった見事な台本構成と詞(ことば)に、自身の技を巧みにすべり込ませた賢次の節は正に圧巻だ。速度と調性には驚異的な正確さが保たれ、破綻がない。更には狂気すら感じさせる程の刺激的なビートを、音韻によって次々と叩き出しながら河内の伝承説話を語っていく。「あくまで河内音頭は一にリズム、二にリズム、三にリズムです」と四代目秀若が説く通り、これが初音節の真骨頂、河内音頭の醍醐味だ。本作品の制作に当たっては同期手法を採らず、追加演奏は音頭に合わせて通して行った。原録音は50年以上を隔てた西暦2010年のリズム感覚を、今も引っ張っているのだ(4番トラックのみデジタル・データの切り貼りがある)。なお『甦る!伝説の名調子』は現在、市販化計画が進行中である事もお伝えしておこう。(添付ライナーより)

Format:CD
Label:歌舞音曲 (JP)

この商品を買った人はこんな商品も買ってます


 ▼View Cart

カートを見る

送料サービスの
お知らせ
オンラインショップで税込13,200円以上お買い上げの方には送料をサービス致します!
税込16,500円以上お買い上げで代金引き換え決済の方には、代引き手数料もサービスしちゃいます! 奮ってオーダー下さいませ!!!!!!!!!!!!!!!


 ▼New / Re-stock

 ▼Used / Rare