店舗営業時間

Open:15:00
Close:20:00
定休日:水曜日

>> Access Map

mobile site
店主のコーナー

ヤマベケイジの
たまには日記
店主BLOGはこちら

TAMARU / fuyu ni katarite

型番 LA-5213
販売価格 2,000円(税込)
在庫数 Sold Out!!!

ゼロ・グラヴィティー再開第一弾となる本作は、昨年起こった音響ブームの中発表され、各方面で絶賛されたタマルの「karmaless」に続く3rdアルバム「fuyu ni katarite(冬に語りて)」です。
前作を思わせるストイックな音響を残しつつ、ある意味、感情を込めた楽曲にも挑んでおり、音響やアンビエントといった解釈にも当てはまらない、新しいサウンドの提示になっています。

タマル プロフィール

1994年
●全ての音響系、オルタナティブの発信地となっていた、今は無き渋谷にあったレコードショップ「パリペキンレコード」(音響派という言葉はここが作った)を中心にカセット作品の発表を始める。
1995年
●自身のレーベル「1040」より初のCDアルバム「MEIOUSEI」をリリース。音響系だけでなく、アンビエントテクノとしての評価も高かった。
1996年
●音響系のシリーズライブイベント「MENTAL INSTRUMENTAL」を開催。タゴマゴ、横川理彦(ex. P-MODEL、アフターデイナーetc.)などが出演。この模様の一部はゼロ・グラヴィティーのコンピレーションアルバム「ELECTRONIC MUSIC FESTIVAL」(ZGV-009)に収録。
●SOUP-DISKによる日本初の音響系コンピレーションアルバム「銀界」に参加。
●ゼロ・グラヴィティーより2ndアルバム「karmaless」(ZGV-008)をリリース。折りからの音響ブームも手伝い好セールスを記録。
1997年
●ボイスパフォーマー吉田アミのアルバムをプロデュース、自身のレーベル「1040」よりリリース。
●イギリスの音響専門レーベル「ASH」のコンピレーションアルバム「CHIKYU」に参加。
●もう一つの自身のレーベル「1050」より音響/ジャズのコンピレーションアルバム「INTERCITY」をリリース。
●ゼロ・グラヴィティーより3rdアルバム「fuyu ni katarite」をリリース。

(※1997年発売当時のプレスリリースより転載)

Format:CD
Label:ZERO GRAVITY (JP)

この商品を買った人はこんな商品も買ってます


 ▼View Cart

カートを見る

送料サービスの
お知らせ
オンラインショップで税込12,960円以上お買い上げの方には送料をサービス致します!
税込16,200円以上お買い上げで代金引き換え決済の方には、代引き手数料もサービスしちゃいます! 奮ってオーダー下さいませ!!!!!!!!!!!!!!!


 ▼New / Re-stock

 ▼Used / Rare