店舗営業時間

Open:15:00
Close:20:00
定休日:水曜日

>> Access Map

mobile site
店主のコーナー

ヤマベケイジの
たまには日記
店主BLOGはこちら

KAZUNAO NAGATA / THE WORLD OF ELECTRONIC SOUND 3

型番 LA-5215
販売価格 1,543円(税込)
購入数

永田一直〜電子音楽の世界3
男の男による男の為の電子音楽

トランソニック・レコーズ/ゼロ・グラヴィティー主宰、70年代型ドラム&ベース・サウンドとして各方面で話題騒然中のファンタスティック・エクスプロージョンのメンバー、DJ、そして電子音楽家としても活動する永田一直のライフワーク「電子音楽の世界シリーズ」。
96年夏に密かに発表した一作目“THE WORLD OF ELECTRONIC SOUND”は、その後の音響ブームでメディアにも取り上げられ、アメリカ西海岸のノイズ/スカムグループ“キャロライナー”や、世界的なターンテーブル奏者、大友良英氏から熱烈な支持をされたり、ニューヨークのアンダーグラウンドシーンで、コアなDJ達がプレイに用いていたという報告を受けるなど時間が経つにつれ反響が広がっています。
そういった反響に答えるべく電子音楽の世界シリーズを再開、3枚のアルバムを連続でリリースします。

●自身による解説
前作は今から丁度3年前に制作され、機材もROLAND社のSYSTEM-100Mしか使用していなかったが、今回はSYSTEM-100Mは可聴範囲外の重低音のみにしか使用せず、その後に手に入れたARP社のMODEL-2600を主に使用した。
今回、新たに録音をするにあたって極力ARP-2600しか使用しないという制約を設けた為、エフェクターはほとんど使用せず、内蔵のスプリングエコーを多用した。
このスプリングエコーは非常に原始的な構造の為、本体に衝撃を加えれば発振、というか結構な衝撃音が得られる。中にはその衝撃音だけで制作した作品もある。
ARP-2600は、国産のシンセサイザーではなかなか出ない、粗いオシレーターとリング・モジュレーションが魅力で、その効果を狙った作品が多くなってしまったが、前作との差別化を計るという点では、成功したと思われる。
尚、このアルバムの制作中に私が高校生(15才)の時に制作した初の音響作品が発掘されたので、ボーナストラックとして追加収録した。

(※1998年発売当時のプレスリリースより転載)

Format:CD

Label:ZERO GRAVITY (JP)

この商品を買った人はこんな商品も買ってます


 ▼View Cart

カートを見る

送料サービスの
お知らせ
オンラインショップで税込10,800円以上お買い上げの方には送料をサービス致します!
税込16,200円以上お買い上げで代金引き換え決済の方には、代引き手数料もサービスしちゃいます! 奮ってオーダー下さいませ!!!!!!!!!!!!!!!


 ▼New / Re-stock

 ▼Used / Rare