店舗営業時間

Open:15:00
Close:20:00
定休日:水曜日

>> Access Map

mobile site
店主のコーナー

ヤマベケイジの
たまには日記
店主BLOGはこちら

TAMARU / 夢の途中

型番 LA-5216
販売価格 2,000円(税込)
在庫数 Sold Out!!!

すっかり、定着した感のある「音響派」シーンで、もはや日本を代表するアーティストとなったタマル。本作はそのタマルの1年振りに届けられる4thアルバムです。
今回はMDに音の素材を詰め込み、それをシャッフル機能で再生、それをそのまま作品化するという、自動作曲とも言える手法で作り上げたという全く今までとは違うアプローチに挑戦し前人未到のサウンドを完成しました。

タマル プロフィール

1994年
●全ての音響系、オルタナティブの発信地となっていた、今は無き渋谷にあったレコードショップ「パリペキンレコード」(音響派という言葉はここが作った)を中心にカセット作品の発表を始める。
1995年
●自身のレーベル「1040」より初のCDアルバム「MEIOUSEI」をリリース。音響系だけでなく、アンビエントテクノとしての評価も高かった。
1996年
●音響系のシリーズライブイベント「MENTAL INSTRUMENTAL」を開催。タゴマゴ、横川理彦(ex. P-MODEL、アフターデイナーetc.)などが出演。この模様の一部はゼロ・グラヴィティーのコンピレーションアルバム「ELECTRONIC MUSIC FESTIVAL」(ZGV-009)に収録。
●SOUP-DISKによる日本初の音響系コンピレーションアルバム「銀界」に参加。
●ゼロ・グラヴィティーより2ndアルバム「karmaless」(ZGV-008)をリリース。折りからの音響ブームも手伝い好セールスを記録。海外でも高い評価とセールスを得た。
1997年
●イギリスの音響専門レーベル「ASH」のコンピレーションアルバム「CHIKYU」に参加。
●もう一つの自身のレーベル「1050」より音響/ジャズのコンピレーションアルバム「INTERCITY」をリリース。
●ゼロ・グラヴィティーより3rdアルバム「fuyu ni katarite」をリリース。
1998年
●トランソニックレコーズによるUFOのドキュメントアルバム「衝撃のUFO」のリミックスアルバムに参加。ここでもMDによる自動作曲を使用。高い評価を得る。
●ライターの佐々木敦氏主宰によるコア音響レーベル“meme”のコンピレーションアルバムに参加。

(※1998年発売当時のプレスリリースより転載)

Format:CD
Label:ZERO GRAVITY (JP)

この商品を買った人はこんな商品も買ってます


 ▼View Cart

カートを見る

送料サービスの
お知らせ
オンラインショップで税込12,960円以上お買い上げの方には送料をサービス致します!
税込16,200円以上お買い上げで代金引き換え決済の方には、代引き手数料もサービスしちゃいます! 奮ってオーダー下さいませ!!!!!!!!!!!!!!!


 ▼New / Re-stock

 ▼Used / Rare