店舗営業時間

Open:15:00
Close:20:00
定休日:水曜日

>> Access Map

mobile site
店主のコーナー

ヤマベケイジの
たまには日記
店主BLOGはこちら

STRANGE GARDEN / MUMBO JUMBO (MULTIPLE BEAT MANIACS)

型番 LA-9191
販売価格 1,571円(税込)
在庫数 Sold Out!!!

DUBの頑固なまでの音色へのこだわり、手法をとことんまで習練理解し己の音へと消化したストレンジ・ガーデン!!! 伸びやかなオリエンティズムと恐いくらいの密林的呼び込みパワーをジワジワと感じます。開こうとせずに開かれた道に乗りましょう。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ダブ、アブストラクト・ブレイクビーツ・トラックメイカー、ストレンジ・ガーデン。1998年リリースの2ndアルバム。12トラック70分収録。

【リリース当時のプレス資料】
ファンタスティック・エクスプロージョン、パシフィック231、タゴマゴARMといった日本のあらゆるシーンで最先端といわれるアーティストを輩出し、常に話題騒然中のトランソニック・レコーズ98年第一弾リリースは、日本のアブストラクト系ではもはや重鎮ともいわれるストレンジガーデン待望の2ndアルバムです。一足早くリリースされた同名の2ndアルバム“MUMBO JUMBO (RITUAL OF THE BACK YARD)”はコアなコラージュ/音響作品でしたが、本作はまるで性格の違ったその表盤とも言うべき内容で高品位なアブストラクト、ラウンジ、ダブ、レゲエ、テクノなどといったあらゆるクラブトラックが収録されています。また本作より、日本で最も早かったラウンジ・テクノグループとして後になって評価が高かった“KING OF OPUS”の元メンバー冨沢仲が正式にメンバーとして参加しており、KING OF OPUSの2ndアルバムの側面も持ち合わせているアルバムとも言えます。

ストレンジガーデン プロフィール
1994年
●PACIFIC CHILD名義でダブ・レストラン、トランソニックのコンピレーションアルバムに参加。日本のテクノムーブメントの黎明期において重要な役割を果たした。
1996年
ゼロ・グラヴィティーよりファーストアルバム「FOR SPEAKER SYSTEM」(ZGV-004)を発表。本格的な日本のアブストラクト/HEADZ系として注目を浴びる。
●モンド、ラウンジ、アブストラクト/HEADZといった1996年当時の最先端を行き、インディー盤としては異例のヒットとなったトランソニックのコンピレーションアルバム「TRANSONIC 6 (THE SOUND OF FEELING)」(TRS-25016)に参加。
1997年
●TRIO RAKANT名義でアルバム「KOKOROSUSUSU」(ZGV-012)を発表。音の臨界点に達する徹底した音響工作はゼロ・グラヴィティーのアメリカでのディストリビュートのきっかけともなった。
●3月に大阪ベイサイドジェニーに行われたゼロ・グラヴィティー、アンノウンミックスのアーティストを集めた音響イベントに出演。
●8〜9月に行われたトランソニックの3周年記念ツアーで東京(リキッドルーム)、福岡(O/D)、京都(メトロ)でのライブを行う。
●トランソニックから「MUMBO JUMBO (MULTIPLE BEAT MANIACS)」、ゼロ・グラヴィティーから「MUMBO JUMBO (RITUAL OF THE BACK YARD)」の全く性格の違った2枚の2ndアルバムを発表。

Format:CD
Label:TRANSONIC (JP)

この商品を買った人はこんな商品も買ってます


 ▼View Cart

カートを見る

送料サービスの
お知らせ
オンラインショップで税込13,200円以上お買い上げの方には送料をサービス致します!
税込16,500円以上お買い上げで代金引き換え決済の方には、代引き手数料もサービスしちゃいます! 奮ってオーダー下さいませ!!!!!!!!!!!!!!!


 ▼New / Re-stock

 ▼Used / Rare