店舗営業時間

Open:13:00
Close:19:00
定休日:水曜日

>> Access Map

mobile site
店主のコーナー

ヤマベケイジの
たまには日記
店主BLOGはこちら

Steve Thomsen / Report of Golden Chromosomes

型番 LA-21710
販売価格 2,000円(税込)
購入数





Steve ThomsenはSolid Eyeの一員として来日したこともあるアメリカの芸術家だ。同ユニットのRick PottsJoseph HammerがLos Angeles Free Music Society(LAFMS)のメンバーなのでSteveもLAFMSの作家だと思われがちだが、彼にはそうした認識が無い。彼の出自は1977年にカリフォルニア州サン・フェルナンド・ヴァレーで発生した芸術家の団体、World Imitation Productions(WImP)にある。

WImPの作家達は絵画やコラージュ、出版を手法として活動を行っていた。並行してMonitorというバンドを結成し、Steveはキーボード奏者として参加する。Monitorは1979年にシングル盤“Beak”でレコード・デビューを果たす。このシングルにゲストとしてBoyd Riceが参加した。彼のソロ・ユニットNonは当時Monitorはとライヴで共演することが頻繁にあったようだ。Monitorは1981年にアルバム“Monitor”をWImPから発表する。このアルバムは同年、Ata Takからドイツ盤が出版された。しかしMonitorは1982年に解散してしまう。

以降Steveはソロ・活動を始める。バービー人形で有名なMattel社が開発したキーボード型の光学式ディスク再生装置オプティガンを多用した彼の音楽群。1980年代にそれらは14本のカセット・アルバムに収録され自主出版された。とても変わったメロディとリズムを持つ彼の音楽は、よくThe Residentsの作品と比較されている。それらSteveの作品を聴いたBoyd Riceは「こんな奇妙な音楽はこれまで聴いたことがない」と評したという。

1992年にSteveはRick Potts、Joseph Hammerと共にSolid Eyeを結成する。同年にはLifesize Musicというレーベルからソロ・カセット・アルバム“World of Insects”を発表した。1995年にはJosephとのユニットであるSwan Troveのカセット・アルバムを発表する。彼は多様な形態での活動を行い始めたのだ。

1990年代にSolid EyeはロサンジェルスのSenseworksなどからCDあるいはLPでアルバムを発表している。Solid Eyeに在席しながら、2000年にSteveはロサンジェルスの Transparencyから2つのソロCDを発表した。その一つ“Retrospective”は過去の作品からの抜粋に新作を併せたコンピレーションである。もう一枚の“Folding Pineapple”は新作のみから構成された。2001年に彼は“Conglomerate Ceiling”と題した新作をCD-Rで自ら出版する。併せて1995年に出版したSwan Troveのアルバムに未発表トラックを追加した改訂版をCD-Rで発表。2002年には5枚のソロ・アルバムをCD-Rで自主出版する。これらは過去に発表した作品のコンピレーションだった。

頭士奈生樹さんにそれらの作品を聴いて頂いたことがある。彼は「世界をそのまま音楽にしたような作品だ」と評していた。

同じく2002年にSteveはSolid Eyeの一員として来日を果たす。だが、以降暫くは音楽活動を中断していたようだ。だが2015年、NEURECから“Skeleton Works”と題された5枚のCD-Rが出版される。これらは1980年代にSteveが発表したカセットの再発出版物だった。併せて2000年に出版された“Retrospective”に収められていた当時の新録音作品も収められている。

これがきっかけとなったのか、彼は再び音楽創りを始めた。2015年から2020年にかけて、Steveは8枚のアルバムをCD-Rで発表している。内の1枚は2001年に発表した“Conglomerate Ceiling”の改訂版だった。この度、これら2015年以降に制作された新作の内、2019年のアルバム“Report on the Golden Chromosomes”をNEURECからCDとして出版する次第となった。

Steve Thomsenの新しい音楽には明確なリズムは無い。美しい蠢きを見せる持続音で構成されている。いわゆるNew Ageと呼び得る音楽かも知れない。実はその音楽はとても奇妙なもので、巧妙に感情へと訴えかけて来る。とりわけ、アルバム“Report on the Golden Chromosomes”は彼が持つ創造力の頂点を提示するものだった。そこで私はCDとして再発させて貰えないか打診を行ったのだ。再発に際しては素晴らしいサウンド・エンジニアである石崎信郎氏へマスタリングを依頼した。その結果はお聴きの通りである。

石崎さんはワーナー・パイオニア(現ワーナーミュージック・ジャパン)にサウンド・エンジニアとして勤められ、中森明菜さんなどの作品を担当された。中森さんがMike Oldfieldの作品にインスパイアされ初めてセルフ・プロデュースを行ったアルバム『不思議』においては、リミックスとマスタリングを担当している。この作品は中森さんの声を器楽音の一部として 処理した点において日本ポピュラー音楽に変革をもたらしたと言われる一作だ。そんな石崎さんのマスタリングを経て、豊かな立体感と音のうねりを獲得した音楽をお楽しみ頂きたい。

なお、アルバム・タイトルは元とは少し変わってしまい“Report of Golden Chromosomes”となった。私の勘違いによる変更であり、それについてはこの場を借りてお詫びさせて頂く次第だ。
坂口卓也

※「ゆうメール」での発送は不可です。

Format:CD
Label:NEUREC (JP)

この商品を買った人はこんな商品も買ってます


 ▼View Cart

カートを見る

送料サービスの
お知らせ
オンラインショップで税込13,200円以上お買い上げの方には送料をサービス致します!
税込16,500円以上お買い上げで代金引き換え決済の方には、代引き手数料もサービスしちゃいます! 奮ってオーダー下さいませ!!!!!!!!!!!!!!!


 ▼New / Re-stock

 ▼Used / Rare