店舗営業時間

Open:13:00
Close:19:00
定休日:水曜日

>> Access Map

mobile site
店主のコーナー

ヤマベケイジの
たまには日記
店主BLOGはこちら

kirihito / suicidal noise cafe (2022年リイシューLP盤)

型番 LA-22145
販売価格 5,000円(税込)
購入数



2000年にリリースされ、今もなおKIRIHITOの名作の誉れ高いサードアルバムがリマスタリングされ、装いも新たに遂にアナログでリイシューされる。

東京の地下シーンでは知らぬ人の居ない真の意味でのオルタナティブなバンド、KIRIHITO(キリヒト)。ギター、ボーカル、etcの竹久圏と、スタンディングドラムの早川俊介の二人組という編成は、1993年の結成当時では世界を見渡してもホワイトストライプスより全然早かった。彼らが、2000年にDMBQの増子真二のレーベル、NANOPHONICAよりリリースしたサードアルバムが、世界中の地下音楽好きから待望のアナログ盤にて遂にリイシューが決定した。

今回は、この手の音楽のリイシューに定評のある、中村宗一郎(ピースミュージック)の手によるリマスタリングが施され、またメンバー二人を模した人形をフィーチャーしたアルバムジャケットも新たに撮影された改訂版として登場。初版から20年経った今でも、なんにも似てない特異な音だけど、なんともポップで形容不能なポストオルタナティブミュージックは、当時CDを買い逃していた全ジャンル音楽好きに大推薦。20年経った今でも、なんともエキセントリック。そして、今年2022年には、新しいキリヒトの動きがあるとか、ないとか??次なる新たな指令を受ける前に、予習復習をこれにて必須すべし。
(リリースインフォメーションより)

KIRHITO
竹久圏(ギター、ボーカル、足踏みシンセ)、早川俊介(スタンディングドラム)による奇跡のロック・デュオ。独特の音色でギターを鳴らしながら足でシンセを弾き、歌う竹久と、スタンディング・スタイルでドラムを叩く早川の二人が奏でる、ポップでダンサブルでありながらもキテレツかつ凶暴な音楽はまさにワン&オンリー。1994年の結成以来、その存在感は色褪せることなく、あらゆるジャンルのファン層やミュージシャンからの支持を受け続けている。現在までに4枚のアルバムと多数のV.A・シングルなどを発表している。その唯一無比のサウンドとライブパフォーマンスは海外での評価も高く、現在までにアメリカ〜ヨーロッパでのライブツアーも成功させている。手動×足動×異能×音魂DUO。進化続行中。
https://kirihito.com/
https://www.instagram.com/kirihito_funclub/
https://www.youtube.com/channel/UCEZl_d8CA3sbBs4qV9a942Q
https://twitter.com/ken__cob

Side A
1. Strawberry Massage
2. Upup!
3. Suicidal Noise Café
4. Surf
5. Fish & Tell

Side B
1. Ohayo Death - Good Bye The Earth
2. Cut
3. D.N.A.+

Format:LP
Label:musicmine (JP)


 ▼View Cart

カートを見る

送料サービスの
お知らせ
オンラインショップで税込13,200円以上お買い上げの方には送料をサービス致します!
税込16,500円以上お買い上げで代金引き換え決済の方には、代引き手数料もサービスしちゃいます! 奮ってオーダー下さいませ!!!!!!!!!!!!!!!


 ▼New / Re-stock

 ▼Used / Rare